【立川・国立書道ペン字教室】大人のペン字講座・ひらがな編vol.43

2017/11/02

おはようございます!

2017-11-03 05.01.06
寒くなったので、温かい飲み物が欲しい時にはすでに冷めてる。。。を避けるために、

保冷のできるマグを買いました

 

これで朝の入れ立てコーヒーを温かいまま楽しめる

 

今日は少しだけ今の「書写」に対する学校教育の現状をお話します。

1968年に毛筆を含めた書写の時間が小学校三年生以上の「国語科」の中に位置付けられました。

 

学習指導要領では、「毛筆は硬筆の基礎を養うものであり、毛筆での学習を硬筆に繋げること」となっております。

 

ところが学校教育で文字を習い始める1、2年生は「硬筆の基礎を養うはずの道具」を用いず、、

(というか触ったこともない子がたくさんいる中で)

硬筆だけで行なっているのが現状。。。

 

私は硬筆と毛筆は一緒に学ぶべきと、ずっと思ってやって来て、、

ひらがなを習い始めて間もない1、2年生にこそやって欲しいのに、とずっと思っていました

 

でもそんな疑問はやはり多くの方が問題としていたようで、

2020年から順次、「国語科書写」の部分において、

初めて「小学校1、2学年」「水書用筆等」の文言が加えられるようです。

2018(平成30)年後期から、小学校教職員を主な対象とした「指導者研修会」を、日本全国で開催すべく準備を始めているそうです。

 

水書道、ご存知ですか?
最近ではおもちゃ売り場でも見かけることがよくあります

筆と水で乾けば何度でも書ける水書道。

 

書いた文字が残らないのでメリット、デメリット両方併せ持つものですが

教室でしかも低学年の子どもたち大勢での授業なら、、

水書はいいかもしれません

 

筆で書く起筆や終筆の美しさを知らない子達が、

毛筆を知ることで硬筆の美しさに気づく人が増えることを祈っています

 

 

長くなってしまいましたが、

祝日の今日は金曜【大人のペン字講座・ひらがな編vol.43】

2017-11-03 06.22.17

横書きって、実は縦書きよりも難しい。。

あえて横書きにしてみました!
縦の中心は結構みなさん気をつけてくれるのですが、

横書きになった途端、中心なんて概念がなくなってしまう。。。。

 

一つ一つの字の中心がどこなのか、

お団子を串にさすように真ん中を通します。

 

ただ気をつけたいのは、

「日」のような横画が中心線にかかる字であっても、

真横に直線を引くわけではないのでそこだけは注意!!

 

ひらがなと漢字のバランスもよくみてくださいね!

2017-11-03 06.31.15

ここには「の」しかひらがながないのであまりボロが出ないのですが、

ひらがなが続く部分というのが実は上手い下手がしっかり出てしまう部分。

 

その辺りはまた後々。

 

今日はひらがなは小さく、、はどなたもご存知かと思いますので、

ぜひ下に合わせるではなく、ど真ん中に!を徹底してみてくださいね★

 

 

今日は娘の誕生日

もうすぐ生まれた時刻がやって来ます!

10歳おめでとう私もママになれた日から10年。早かったな(笑)

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
書香~SHOKA~
高梨 香苑(こうえん)
HP◆http://shoka.school/
大人のお稽古特設ページはこちら→◆http://www.shoka-school.com/
MAIL◆kouen@shoka.school (24時間受付中)
LINE@◆https://line.me/R/ti/p/%40tos3956o
youtube◆https://www.youtube.com/channel/UCSVs7zn2Y_0ya8Sw9_pKysg
住所:東京都立川市錦町5丁目7番
TEL:042-511-4352(月~土 9:00~20:00)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇