【立川・国立書道ペン字教室】作品の見方

2017/11/15

おはようございます!

昨日はバタバタ大変な1日でした

通常のお稽古に加えて間にいろんな業者さんが代わる代わる来客。。

立会いって言ってもその間、掃除や洗濯をこなしたりしながらですが、

やっぱり他人が出入りしているのはきになるもので

 

トラブル続きで結局お昼ご飯を食べることができないままKIDSの稽古に突入し、、

終わってすぐに夕食作りながらのまた別の業者さん対応。。。

 

手違いが多すぎて結構冷静だと思っている私でさえ←(笑)

優しくブチギレ。

 

そんな一日でしたが、子どもたちとの稽古は私にとっては大切な時間。

そんなイライラもモヤモヤもその時だけはすっかり忘れて楽しめる時間

 

昨日は見学の子もお母さんと一緒にきてくれたしね

 

2017-10-19 15.15.46

書に向かうということが私は好きなのはもちろんだけど、

子どもたちと接している時間がかけがえのない時間でもあるのです

我が子が急に増えたような感覚で、、

だから先日の作品展では、立川から出した全員の作品が飾られていて本当に嬉しく

隅から隅まで写真を撮りました(笑)

2017-11-12 09.46.30

いつかは「書香」としての作品展ができたらいいなとは思います。

 

人の作品を見るというのは実はとっても勉強になること。

人には好みがあるように、字にも好みが表れます。

 

ぜひ自分の好きな字を書く人を見つけてください★

有名な◯◯先生、とかでもいいですが、

できれば身近な人がいいですね!

 

美しく書くことへの憧れと、

身近な人が書けてしまうのに自分は・・という嫉妬は

自分を必ず成長させてくれるはず!

 

そうそう、私はこうして自分を追い込むタイプだったな。昔から。(笑)

表に出さない負けず嫌い。

かなりタチ悪いけど、「できて嬉しかった!」という快感が忘れられなくてまた頑張れたのだと思います。

 

そういう意味で、やっぱり頑張ったことに対しては結果が出るようにしてあげたいし、

そんな思いでコンクールや作品展にも出品をしています。

今回入賞できなかった子どもたちにも諦めずにやってほしいと思います。

 

すぐに答えの出るものではない芸術は、

周りとの戦いはもちろんあるけど、それより一番は自分自身との戦い。

いつも自分に、「もっとできるんじゃない?」と問いかけて、

現状に満足してはならないことを忘れないでほしいです

 

一番の近道はよく見て、真似ること。

字を指でなぞってみて流れを感じること。

 

綺麗と感じる文字には流れがあります。

その流れの中に緩やかな部分と急いでる部分を見つけて。

スピード感も真似るのです。

 

木曜日です!今日も頑張りましょう★

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
書香~SHOKA~
高梨 香苑(こうえん)
HP◆http://shoka-school.net/
大人のお稽古特設ページはこちら→◆http://www.shoka-school.com/
MAIL◆kouen@shoka.school (24時間受付中)
LINE@◆https://line.me/R/ti/p/%40tos3956o
youtube◆https://www.youtube.com/channel/UCSVs7zn2Y_0ya8Sw9_pKysg
住所:東京都立川市錦町5丁目7番
TEL:042-511-4352(月~土 9:00~20:00)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇